服装や言葉遣いに注意?!キリスト教スタイルのペット火葬の注意点

宗派によって違う?キリスト教スタイルの人とペットの葬儀について

カトリックとプロテスタントの葬儀のルールを比較

カトリックとプロテスタントの葬儀のルールには、相違点もあれば共通点もあります。そこで、双方の葬儀のルールの共通点や注意点を見ていきましょう。

カトリックとプロテスタントの共通点

ペット火葬に参加する際の服装
宗派に関係無く、キリスト教スタイルのペット火葬の場では、落ち着いた感じの服装であれば問題ありません。男性の場合喪服か黒を貴重としたスーツ、女性の場合黒のワンピースやスーツを着用するようにしましょう。また、女性は小物類も黒を貴重としたものにまとめましょう。
どちらの宗派でもお悔やみの言葉はNG~
キリスト教スタイルと日本での一般的な葬儀とでは、死の迎え方に大きな違いはあります。故人の死を悔やむという考えを持つ日本の葬儀に対し、キリスト教スタイルの葬儀では「神のもとに召される記念すべきこと」と考えられています。だからキリスト教スタイルによるペット火葬の場では、「お悔やみ申しあげます」というお声がけや気持ちを持ってはいけないのです。息を引き取ったペットやその飼い主に対し、「安らかな眠りをお祈りいたします」というお声がけ、気持ちを持つのが適当なのです。

カトリックとプロテスタントにおけるペット火葬の場での用語

同じキリスト教でも、カトリックとプロテスタントの間で呼び名が異なるものがいくつか存在します。これはペット火葬の場でも見られます。

聖職者
カトリックは聖職者のことを「神父」と呼びますが、プロテスタントは「牧師」と呼びます。もちろんこれはペット火葬だけでなく、人間の葬儀でもこの呼び名が使われています。
礼拝で歌う歌
礼拝のときに歌う歌のことを、カトリックでは「聖歌」、プロテスタントでは「賛美歌」と言います。よくドラマや映画で全員で歌っている光景が見られますが、実は聖歌・賛美歌は自由参加ということになっています。歌わずに聞いているだけでも全く問題ありません。

まとめ

キリスト教スタイルのペット火葬に初めて参加する友人や親戚がいれば、その内容や流れ、注意点などをしっかり伝えておきましょう。もちろん、自分自身もそれらを理解し覚えておかなければなりません。そして息を引き取ったペットのためにも、安らかな眠りにつけるよう、カトリック・プロテスタントそれぞれのやり方で手厚く供養してあげましょう。

TOPボタン