ペット火葬を行なうときの参考に【宗派によってココが違う】

宗派によって違う?キリスト教スタイルの人とペットの葬儀について

キリスト教のスタイルを選びたい~人の葬儀の流れを参考にしよう~

カトリックとプロテスタントという、キリスト教の中でもとりわけ知名度や信者数の多いこの2つの宗派によるペット火葬は、どのような感じなのでしょうか。

カトリックとプロテスタント~ペット火葬&告別式~

ペット火葬にカトリックやプロテスタントのようなスタイルを取り入れたいのですが、まずは何をするべきでしょうか?
カトリックとプロテスタントとでは、葬儀の内容や流れに違いが見られます。例えば、葬儀と告別式が別物となっているカトリック式の葬儀と違い、プロテスタントは葬儀と告別式は分けずに同時進行という形で行なうことができます。ただ、キリスト教スタイルのペット火葬を行なってくれる業者全てがこの違いや具体的な内容・流れを理解しているとは限りません。まずは人間向けのキリスト教スタイルの葬儀から、それぞれの宗派の特徴を理解したり覚えたりすることが重要なのです。

ペットのお墓

カトリックが葬儀と告別式を分けて行なうのに対し、プロテスタントは葬儀と告別式をひとまとめにして行ないます。日本で行なわれるペット火葬は基本的に葬儀と告別式を分けずに行なうため、どちらかと言うとプロテスタント寄りと言えるかもしれません。カトリックとプロテスタント、それぞれの違いを自分自身で理解していれば、ペット火葬業者に「このような感じでやりたい」と伝えることも可能です。

キリスト教スタイルでペット火葬を挙げた場合の費用相場

キリスト教スタイルでペット火葬を挙げた場合、どのくらいの費用が必要となるのでしょうか。

基本的なキリスト教スタイルのペット火葬費用

キリスト教スタイルによるペット火葬にかかる料金は、供養してもらうペットによって違ってきます。基本的にサイズが小さい動物は安めに設定されており、大きくなるにつれて料金も高くなります。料金が安めに設定されている小鳥やハムスターなどの動物で、費用相場は18,000円くらいです。高めに設定されているのはコーギーやビーグルなど平均体重が10~15kgくらいの犬種で、これらのペット火葬にかかる費用相場は30,000円くらいとなっています。

カトリックとプロテスタントでペット火葬費用は変わるのか

カトリックとプロテスタントなどプラン内容によって費用は変わる(ペット火葬儀業者)

依頼次第でキリスト教スタイルのペット火葬をしてくれる業者もありますが、基本的に依頼者の希望に応じて葬儀の骨組みが決まっていくので、費用は変わってきます。また、もちろん、仏教かキリスト教なのかによっても違います。そのため、上で紹介した費用相場はあくまで参考材料として捉えておくようにしましょう。ただ、国内にはキリスト教スタイルの式を取り入れている業者もあるので、そこの料金設定を参考にするのも良いかもしれません。

TOPボタン