ペット火葬の流れや内容をチェック!【キリスト教スタイルの相違点】

宗派によって違う?キリスト教スタイルの人とペットの葬儀について

カトリックとプロテスタント~宗派別に変わるペット火葬の意味合い~

2つの骨壷

キリスト教にはいろいろな宗派が存在しており、その宗派によって葬儀の内容やルールなどに若干の違いが見られます。ただそれは人間の葬儀に言えることです。では、ペット火葬の場ではどうなのでしょうか。まずはキリスト教の宗派の中でも特に信者の多い、カトリックとプロテスタントの宗派としての特徴を見ていきましょう。

そもそもカトリックとプロテスタントって何?

カトリックの特徴
カトリックはバチカンを総本山としている宗派で、現在全世界に10億人以上の信者がいます。カトリックは、教会で洗礼を受けた教徒以外の葬儀は行なわないのが原則として定まっています。ただ、一部の教会ではそれが許容されています。
プロテスタントの特徴
プロテスタントの葬儀はカトリックと比べるとすごくシンプルなものとなっています。ただ、実はプロテスタントには数百以上の宗派があり、それぞれで葬儀の細かい部分に違いがあります。そのため、故人がどの教会に属しているのかが重要となってきます。

ペット火葬の流れ~カトリックとプロテスタントを比較~

日本国内で生活をしているキリスト教信者がペット葬儀を行なうとなった場合、どのような感じになるのでしょうか。

国内でもキリスト教スタイルでペット火葬を行なうことは可能

国内には、数こそ少ないですがキリスト教スタイルでペット葬儀を行なえるところがあります。そこに行けば愛するペットをキリスト教スタイルで手厚く供養することができ、献花なども行なえます。葬儀は教会で行なわれ、神父もしくは牧師がペットの魂をしっかり天国へ導いてくれるので安心です。

まずは一般的なキリスト教スタイルのペット火葬の流れを知ろう

ペット火葬の準備

教会に行き、火葬前の最後の時間を過ごします。葬儀に参列する人がいれば、事前に作成しておいた式次第を配布します。あとの流れは主に教会及び業者のスタッフの手によって進んでいくので、リラックスした状態で葬儀に臨みましょう。

キリスト教スタイルでセレモニースタート

葬儀は前奏から始まり、祈祷、聖書のことば……という手順で進んでいきます。神父もしくは牧師による説教や聖歌・賛美歌などの工程もあります。

火葬・お骨上げ

一連のセレモニーが終わったら、最後は火葬からお骨上げという流れでペット葬儀終了となります。火葬を行なう場所は火葬場だったり火葬車だったりと様々です。火葬中は教会で待つことができます。最後のお骨上げに関してですが、実はキリスト教にはお骨上げの文化はありません。ただ、ペット火葬業者に依頼をすれば、お骨上げを葬儀の中に組み込むことは可能となっています。

宗派によって葬儀の意味合いが違う~ペット火葬も例外じゃない~

カトリックとプロテスタント、それぞれの信者がお互いの宗派のかたちを理解することは簡単ではありません。だから、どちらか分からないけどとりあえず葬儀を行なおうというのはあまり良いことでは無いのです。葬儀の呼び方や葬儀を行なう聖職者などの違いで見極めることは可能ですが、それすらも叶わないのであれば、葬儀のシステムや流れを理解しておくことはもちろん、どこかで失礼や間違いを起こさないよう、それぞれの宗派の最低限のマナーや注意事項などを認識しておきましょう。

TOPボタン